【千葉市】遺言・終活セミナー開催のお知らせ

【あなたに最適な生前対策は?】暦年贈与と相続時精算課税、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

「相続税対策なんて、まだまだ先の話でしょ?」

そう思っていませんか?

しかし、早いうちから準備しておくことで、節税効果を高め、大切な家族へより多くの財産を残せる可能性が広がります。
この記事では、有効な相続税対策として知られる「暦年贈与」と「相続時精算課税」について、メリット・デメリットを交えながらわかりやすく解説していきます。

目次

生前贈与を活用するメリット

生前贈与は、単なる節税対策だけでなく、様々なメリットをもたらします。

贈与税の基礎控除を活用できる

暦年贈与や相続時精算課税制度のそれぞれで控除枠が設定されており、その枠内であれば贈与税はかかりません。
これらを活用することで、相続時にかかる相続税を減らすことができます。

財産の承継をスムーズに行える

相続発生前に財産を贈与することで、遺産分割協議の手間を省き、相続人への円滑な財産承継を実現できます。

贈与した財産を有効活用してもらえる

生前から財産を承継することで、贈与を受けた人が、その財産を活用して事業を始めたり、自己投資に充てたりするなど、有効活用できる可能性があります。

暦年贈与と相続時精算課税、2つの制度の違いを解説

相続税対策としてよく比較される「暦年贈与」と「相続時精算課税」。

どちらも生前に財産を贈与する制度ですが、それぞれ異なる特徴があります。

暦年贈与と相続時精算課税の違いをわかりやすく表で比較!

項目暦年贈与相続時精算課税
対象となる財産現金・不動産・有価証券など現金・不動産・有価証券など
贈与する側誰でも可能60歳以上の直系尊属(両親や祖父母など)
贈与される側誰でも可能18歳以上の直系卑属(子や孫など)
基礎控除額年間110万円年間110万円 + あふれた分のトータルが2,500万円まで
贈与税率10%~55%(累進課税)一律20%(ただし、2,500万円の特別控除を超える部分)
適用条件選択制(開始時は税務署へ届出が必要。一度選択すると、同じ贈与者と受贈者の間では、その後も相続時精算課税の適用となります)
メリット毎年少額ずつ贈与することで、贈与税を抑えながら財産を移転できる高額な財産を一度に移転する場合に、相続税よりも低い税率で贈与できる
デメリット贈与者が亡くなるまでの期間が短い場合、相続税の節税効果は限定的
贈与してから7年以内に相続が発生した場合、その期間内の贈与は相続税の計算に組み入れられる
贈与後に財産価値が下落した場合でも、相続税の評価時は、贈与時の価値で評価するため、結果的に税金が高くなる可能性がある

暦年贈与が向いているケース

  • 長期的な視点で、コツコツと財産を贈与したい場合
  • 相続時精算課税制度の年齢要件に引っかかって行えない場合

## 相続時精算課税が向いているケース

  • 基礎控除をこえる高額な財産を一度に贈与したい場合
  • 贈与者が高齢で、相続が近い将来に迫っている場合(暦年贈与では7年以内となってしまい不可)
  • 贈与する対象物が、今後値上がり又は今値下がりしている場合(評価が贈与時点となる為)

生前贈与を行う際の注意点

贈与契約書を作成する

贈与の事実を明確に残すために、贈与契約書を作成しましょう。口約束だけでは、後々トラブルになる可能性があります。

名義預金に注意する

名義預金とは、実際には親が管理しているにも関わらず、子や孫などの名義で預金していることを指します。税務調査で名義預金とみなされると、贈与税の追徴課税を受ける可能性があります。

贈与税の申告を忘れない

基礎控除枠をこえる110万円以上の贈与をされた際は、必ず贈与税の申告が必要となります。
税金を減らすための贈与が、適切に処理をしないことで結果的にあとでより多く税金がとられることにもなりかねないので、忘れないようしましょう。

暦年贈与へ戻れない

一度相続時精算課税制度を利用することと決めた場合、あとで暦年贈与に戻したいと思っても戻すことはできません。
そのため届出をする際は、よくよく検討してから行うことをおすすめします。

小規模宅地等の特例が使えない

相続時に相続税評価額を減額することができる、小規模宅地の特例という制度がありますが、これは特定の条件のときの相続においてのみ適用できるものとなっています。生前対策として、土地を贈与する場合、この特定は適用の対象とはなりませんので、土地の贈与についてはよく検討されてください。

専門家へ相談する

生前贈与は、税金や法律に関する専門知識が必要となる場合があります。
専門家に相談することで、より安全かつ効果的な生前対策を行うことができます。

まとめ:早めの準備で、大切な家族へ想いを届けよう!

生前贈与は、早いうちから計画的に行うことで、より大きな効果を得られます。

「相続」は誰にとっても訪れる問題です。

この記事を参考に、自分にとって最適な方法で、大切な家族へ想いを伝えていきましょう。

千葉市にある当事務所では、遺言書の作成から相続手続きまで、終活全般の包括的なサポートを提供しています。
お困りの際は、まずはお気軽にご相談ください。

初回のご相談・お見積りは無料です

\ お悩みの際はまずご連絡ください /

\ お気軽にご相談ください /

\ LINEからもお問い合わせ可能です /

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次