【千葉市】遺言・終活セミナー開催のお知らせ

相続でもめないための特別寄与料の知識

相続は、誰にとっても人生で何度か経験する可能性のある出来事ですが、同時に、家族間でトラブルが起こりやすい場面でもあります。特に「特別寄与料」は、その存在を知らないために、後々大きな争いに発展してしまうケースも少なくありません。

この記事では、相続において「特別寄与料」がどのような場合に発生するのか、また、トラブルを避けるためにはどのような点に注意すべきかを詳しく解説していきます。

目次

特別寄与料とは?

特別寄与料の定義

特別寄与料とは、相続において相続人以外の親族が被相続人の看護や介護など特別な貢献を行った場合に、その貢献分を金銭で評価し、相続財産から請求できる制度です。日本の法律(民法)で定められており、2020年に改正されました。

制度の背景と必要性

この制度は、相続財産の公平な分配を目的としています。特に、高齢化社会においては介護や看護を行う親族の割合が増えており、その負担を適切に評価するために特別寄与料が導入されました。

誰が対象になるのか?

相続人と親族の違い

特別寄与料の請求対象となるのは、”相続人以外”の親族です。相続人は、法律で定められた法定相続人(配偶者や子供)のことを指します。一方、親族とは、配偶者の兄弟姉妹や甥姪など、法定相続人ではないが血縁・婚姻関係にある人々を指します。

具体的な対象者の例

具体例としては、被相続人の介護を行った義理の兄弟や、配偶者の親の看護を担った嫁などが該当します。

特別寄与料の請求方法

必要な書類と手続き

特別寄与料を請求するためには、相続人に対して意思表示することが必要です。
その際には、自分の介護や貢献具合を示すことができる証拠を提示することが望ましいです。

  • 証拠資料:介護の実態や貢献の証拠として、日記や写真、医療機関の記録など。

相続人目線では、特別寄与料を渡すことで自分の取り分が減ってしまうため、スムーズにいくことが難しい場合もあるかもしれません。
合意がとれない場合、家庭裁判所による調停を申し立てる流れとなります。

請求における注意点

請求は相続の開始と相続人を知った日から6か月以内に行う必要があります。
期日が過ぎている場合、請求することができませんので注意が必要です。

特別寄与料の具体的な計算方法

基本的な計算の基準

特別寄与料の金額は、具体的な介護時間、労力、専門性などに応じて計算されます。法律上の明確な定義はないため、ケースバイケースで評価されます。

実際の計算例

例えば、特定の親族が1年間にわたり毎日2時間の介護を行った場合、介護報酬を時給1500円として計算すると、
年間の特別寄与料は1500円×2時間×365日×裁量割合 のように計算されます。

上記の裁量割合とは、介護のプロでないことを考慮するため一定の割合で控除するためのものです。

特別寄与料を巡るトラブルと回避法

よくあるトラブルの事例

特別寄与料を請求するときに最も多いトラブルは、他の相続人との間で認識がずれることです。
「そんなに介護をしていなかった」と言われることが多いです。

トラブル回避のための対策

日記や写真、医療機関の記録などで、介護の実態を証拠として残しておくことが重要です。専門家との相談も欠かせません。

相続全体を考えた特別寄与料の位置づけ

相続と特別寄与料のバランス

相続に際しては、特別寄与料だけでなく、他の財産全体に対する割合も考慮する必要があります。相手の感情にも配慮し、全体のバランスを保つことが大切です。

家族会議の重要性

相続人全体で話し合い、特別寄与料の必要性や金額について合意を得ることが最も望ましい方法です。

法律専門家の意見を取り入れる

専門家の活用

特別寄与料に関するトラブルや手続きを円滑に進めるためには、専門家の専門的なアドバイスが非常に有効です。

相談のタイミング

相続開始前から専門家に相談することで、トラブルを未然に防ぎ、適正な特別寄与料を確保することができます。

まとめ: トラブルを防ぐための具体的アクション

特別寄与料に関する知識を深め、証拠をしっかり収集し、専門家のアドバイスを受けることが、相続トラブルを防ぐための最善策です。この知識を活用して、家族円満な相続を実現しましょう。

千葉市にある当事務所では、遺言書の作成から相続手続きまで、終活全般の包括的なサポートを提供しています。
お困りの際は、まずはお気軽にご相談ください。

初回のご相談・お見積りは無料です

\ お悩みの際はまずご連絡ください /

\ お気軽にご相談ください /

\ LINEからもお問い合わせ可能です /

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次