【千葉市】遺言・終活セミナー開催のお知らせ

広域交付って何?戸籍の取り寄せがもっと簡単に

相続手続きには、故人様の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要となり、その量は膨大になりがちです。手続きが複雑な上に、本籍地が遠方にある場合は、さらに時間と手間がかかってしまいます。「一体、いつになったら手続きが終わるの…?」そんな悩みをお持ちのあなたへ。戸籍の取り寄せをスムーズにする「広域交付」という制度をご存知ですか?

この記事では、相続手続きにおける広域交付の活用方法やメリット、注意点などを詳しく解説していきます。広域交付をうまく活用して、少しでも相続手続きの負担を軽減しましょう。

目次

広域交付とは?

広域交付の基本概念

広域交付とは、全国の市区町村役場で、本籍地の戸籍謄本を取得できる制度です。従来は本籍地の役所まで行くか、郵送で請求する必要がありましたが、広域交付により、居住地からでも手軽に戸籍を取得できるようになりました。

なぜ相続で広域交付が必要なのか

相続手続きには、被相続人(故人)の出生から死亡までの全戸籍が必要です。これを本籍地で一つずつ取得するのは大変です。広域交付を利用すれば、住んでいる地域から遠く離れた場所の戸籍も簡単に取り寄せることができます。

広域交付のメリット

時間と労力の節約

広域交付を利用することで、住んでいる場所にかかわらず近くの役場で戸籍を取得できます。これにより、相続手続きをスムーズに進めることができます。

手続きの簡便化

通常の郵送申請は手間がかかりますが、広域交付ならその場で手続きが完了します。申請書に不備があった場合もその場で訂正が可能です。
また郵送の場合、必要な本籍地の数だけ個別で請求する必要がありますが、広域交付制度を利用すれば、一度に全て取得が可能です。

広域交付の手続き方法

必要書類

広域交付を利用するためには、以下の書類が必要です:

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

申請の流れ

  1. 近くの市区町村役場に行く
  2. 広域交付の申請書を記入
  3. 本人確認書類を提出
  4. 手数料を支払う
  5. 戸籍証明書をその場で受け取る

広域交付の対象者

申請する人の条件

広域交付は基本的に本人、配偶者、直系尊属、直系卑属が申請できます。
委任状があったとしても、その他の者が申請することはできません。

広域交付の注意点

手数料について

広域交付には手数料がかかります。手数料は市区町村ごとに異なるため、事前に確認しておくことが重要です。
発行される通数分料金がかかります。

利用時間の確認

役場の開庁時間や休日についても行く前に事前に確認しておくと、スムーズな手続きが可能です。

広域交付のよくある質問

広域交付の手続きにはどれくらいの時間がかかる?

書類が全て揃っていれば、手続きは30分~1時間程度で完了します。ですが場合によっては、当日中に完了しないこともありますので、必要な場合はお早めに対応されることをおすすめします。

過去の戸籍も広域交付で取得できる?

はい。広域交付でも過去の戸籍(除籍含む)を取得可能です。ただし、事前に確認することが推奨されます。

まとめ

広域交付制度を利用することで、相続手続きに必要な戸籍を効率よく取得することができます。これにより、時間と手間を大幅に省くことができ、相続手続きを迅速に進めることが可能です。

本記事が広域交付についての理解を深め、相続時の戸籍取り寄せに役立てば幸いです。ぜひ、広域交付を上手に活用してスムーズな相続手続きを実現してください。

千葉市にある当事務所では、遺言書の作成から相続手続きまで、終活全般の包括的なサポートを提供しています。
お困りの際は、まずはお気軽にご相談ください。

初回のご相談・お見積りは無料です

\ お悩みの際はまずご連絡ください /

\ お気軽にご相談ください /

\ LINEからもお問い合わせ可能です /

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次