【千葉市】遺言・終活セミナー開催のお知らせ

遺贈とは?相続や贈与との違いを徹底解説

目次

遺贈とは?基本的な概念と定義

遺贈とは

遺贈とは、遺言者が遺言書を通じて特定の人や団体に財産を譲る行為を指します。遺言者が生前に遺言書を作成し、特定の財産を特定の受遺者に譲る意思を表明することで成立します。この遺贈の相手方は、相続人でも構いませんし、相続人以外の第三者、団体等、誰でも相手方とすることができます。

遺贈の法的定義とその重要性

遺贈は民法によって定義されており、遺言に基づく財産譲渡の一形態として法的に確立されています。
遺贈は、遺言者の意志を反映する手段として重要な役割を果たします。遺贈を通じて家族や友人、慈善団体等に対して想いとともに財産を託すことができます。

遺贈の種類:理解しておくべきポイント

特定遺贈とは?

特定遺贈とは、遺言者が特定の財産を特定の受遺者に譲る形式の遺贈です。
特定遺贈では、譲る財産を明確に指定することが重要です。


第1条 遺言者は、その所有する次の不動産を、遺言者の長男亡〇〇〇〇の妻〇〇〇〇(昭和〇年〇月〇日生、住所〇県〇市〇区〇町〇丁目〇番地〇号)に遺贈する。
   1 土地
    所 在  〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目
    地 番  〇〇番地
    地 目  宅地
    地 積  〇〇〇.〇〇平方メートル
   2 建物
    所  在 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番地
    家屋番号 〇〇番
    種  類 住宅
    構  造 木造瓦葺二階建
    床 面 積 一階 〇〇.〇〇平方メートル
         二階 〇〇.〇〇平方メートル

特定遺贈のメリット・デメリット

特定遺贈のメリット

  1. 明確な意思の反映: 特定遺贈は、遺言者が特定の財産を特定の受遺者に譲るため、遺言者の意思を明確に反映することができます。これにより、「この財産をこの人に渡したい」という強い意志を具体的に実現できます。
  2. 受遺者の安心感: 受遺者にとっては、どの財産を受け取るかが明示されるため、遺言執行後の財産の受け取りに関する不安が軽減されます。具体的な財産が指定されることで、受遺者は計画を立てやすくなります。
  3. 相続人の理解が得やすい: 特定の財産について明示されているため、他の相続人も納得しやすく、相続人間のトラブルが起こりにくいことが考えられます。特に事前に説明や話し合いを行うことで、スムーズな遺贈が可能になります。

特定遺贈のデメリット

  1. 財産変動リスク: 特定の財産を指定するため、遺言作成時と遺言執行時で財産の価値や状況が変動するリスクがあります。例えば、遺言書に記載したときと実際に遺贈されるときで不動産の価値が大きく変わる可能性があるため、予期せぬトラブルの原因となることがあります。
  2. 特定財産の処分制限: 遺言者が生前に指定した財産を処分(売却や譲渡)してしまった場合、遺贈の記載部分は撤回したとみなされ、内容が実現できなくなる可能性があります。そのため、遺言作成後の財産管理が重要となります。
  3. 分割の難しさ: 特定の財産を明確に指定するため、全体の財産分配のバランスが取りにくくなることがあります。他の相続人との間で調整が必要になる場合もあります。

包括遺贈とは?

包括遺贈とは、全財産の一定割合を譲る形式の遺贈です。
この形式では特定の財産を指定せず、遺言者の財産全体から遺贈分の割合を受け取ります。

この割合で受け取るということにより、包括遺贈は被相続人に借金がある場合、そのマイナスの財産も引き継ぐこととなります。
このような性質上、包括遺贈は民法により、相続人と同一の権利義務を持つこととなります。


第1条 遺言者は、全財産の3分の1を、遺言者の長男亡〇〇〇〇の妻〇〇〇〇(昭和〇年〇月〇日生、住所〇県〇市〇区〇町〇丁目〇番地〇号)に遺贈する。

上記のように、包括遺贈は受け取る財産を特定しません。そのため遺産分割協議を行い、どの財産をどうわけるか話し合う必要があり、トラブルになるリスクもあります。

包括遺贈のメリット・デメリット

包括遺贈のメリット

  1. 柔軟な財産処分: 包括遺贈は全財産の一定割合を譲るため、遺言者の財産が変動しても柔軟に対応できます。遺言者が生前に財産を処分しても、全財産から受遺割合を計算するため、遺贈内容が大きく変更され無効とならずにすみます。
  2. 簡潔な遺言書の作成: 包括遺贈の文書作成は比較的簡単であり、「私の全財産の半分をBさんに遺贈する」といった簡潔な表現で済みます。特定の財産を詳細に列挙する手間が省けます。
  3. 遺産の公平な分割: 財産全体の中から一定割合を受け取るため、全体の財産分割としては公平性が保たれやすいです。他の相続人ともバランスが取りやすくなります。

包括遺贈のデメリット

  1. 不明確な受領内容: 包括遺贈により特定の財産が指定されないため、受遺者は具体的にどの財産を受け取るかが明確に分からないことがあります。これにより、遺言執行まで具体的な財産計画が立てづらくなります。
  2. ごく一部の財産の受け取りの困難さ: 包括遺贈では、特定の財産を受け取る希望がある場合、その希望が反映されにくいことがあります。特定の財産について受遺者が特別な感情を持っている場合、不満が生じることがあるかもしれません。
  3. 相続手続きの複雑さ: 包括遺贈は受遺者が複数の場合、全体財産の評価や分割手続きが複雑になることがあります。特に全財産の評価額を正確に計算するために手間や費用がかかることがあります。
  4. マイナスの財産を引き継ぐ可能性: 包括遺贈では、プラスの財産だけでなく、遺言者のマイナスの財産(借金や未払いの税金など)も含まれます。受遺者は負の財産も引き継ぐことになるため、思わぬ負担が発生する可能性があります。このようなリスクを避けるため、受遺者は相続放棄の可能性も含めて十分に検討することが重要です。

負担付遺贈の概要

負担付遺贈とは、特定の義務や条件を受遺者に課す形式の遺贈です。
例えば、「この土地をCさんに遺贈するが、その代わりにCさんは私の墓を管理すること」という形で、特定の負担が付されるものです。
負担付遺贈では、受遺者がその義務を果たすことが条件となります。

遺贈の手続き方法と流れ

遺贈の準備と要件

遺贈を行うためには、まず遺言書を作成する必要があります。遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言などいくつかの形式があります。遺言書の形式によって求められる要件が異なりますが、いずれも法律的に有効であるためには一定の要件を満たす必要があります。

遺言書作成の手順と注意点

遺言書を作成する際には、遺言者の意思を明確に記載し、専門家の助言を受けることが重要です。特に、公正証書遺言は公証人が関与するため、法的に有効な遺言書を作成することが可能です。また、受遺者や譲る財産の具体的な情報を明確に記載することで、遺贈の実行時にトラブルを避けることができます。

遺贈の執行手続きとは

遺言書を執行するときは、遺言執行者が遺言書に基づいて遺言内容を実行します。遺言執行者は、遺言に基づいて財産を受遺者に引き渡す役割を果たします。遺言執行者が指定されていない場合、家庭裁判所に申し出て遺言執行者を指定してもらうことも可能ですし、相続人にて遺贈を実行することも可能です。このときの相続人は「遺贈義務者」と呼ばれます。

遺贈と相続の違い

遺贈と法定相続の違い

遺贈と法定相続は、被相続人の財産を受け取る方法として異なります。遺贈は遺言書に基づいて特定の人に財産を譲る行為であり、法定相続は遺言がない場合に法律に基づいて相続人に財産を分配する制度です。遺贈は遺言者の意志を反映する手段であり、法定相続は法律に基づく自動的な分配です。

遺贈と遺留分の関係

遺留分とは、一定の法定相続人に対して遺言者が必ず遺すべき最低限の財産のことです。遺贈によって遺留分が侵害される場合、遺留分を侵害された相続人は受遺者に対し、遺留分減殺請求を行う権利があります。このため、遺留分を考慮して遺言書を作成することが重要です。

遺贈と贈与の違い

遺贈と贈与では、様々な点が異なります。

効力発生日の違い

遺贈: 遺贈の効力は遺言者が亡くなったときに発生します。つまり、遺言者の死亡後に財産が受遺者に渡ります。
贈与: 贈与の効力は、贈与契約が成立したときに発生します。贈与者が生前の間に財産が受贈者に渡されます。

手続きと法的要件の違い

遺贈: 遺贈は遺言書を作成することで行います。遺言書は法律で定められた形式を守る必要があります(自筆証書遺言、公正証書遺言など)。
贈与: 贈与は基本的に贈与者と受贈者の同意だけで成立します。大きな財産については書面での契約が推奨されますが、基本的には口頭でも可能です。

税金の違い

遺贈: 遺贈により受け取った財産には相続税がかかります。相続税は財産の総額から計算され、法定相続人かどうかで税率が異なります。
贈与: 贈与には贈与税がかかります。年間110万円までの贈与は非課税ですが、それを超えると贈与税が課税されます。

活用場面

遺贈: 遺贈は、意志を持って死後に特定の財産を譲りたい場合に適しています。たとえば、自分の財産を慈善団体に託すなどです。
贈与: 贈与は、生前に財産を渡したい場合に適しています。子供や孫の教育費や住宅資金の援助などに使われます。

遺贈を実行する際の注意点と対策

遺贈のトラブルを避ける方法

遺贈をする際には、法的トラブルや相続人とのトラブルを避けるために様々なことを考慮する必要があります。
専門家の助言を受けながら、包括遺贈がよいのか特定遺贈がよいのか、もしくは生前贈与がよいのか等想いをかなえるために一番望ましい方法を検討する必要があります。

受遺者の権利と義務

受遺者は、遺贈によって譲り受けた財産を所有する権利がありますが、負担付遺贈の場合にはその負担を果たす義務もあります。受遺者は遺贈によって得られる財産についての権利と義務を理解し、適切に対応することが求められます。

遺留分の考慮

遺贈を行う際には、相続人間でのトラブルを未然に防ぐための配慮が必要です。お世話になった人へ遺贈したいと思った際に、その遺贈が遺留分を侵害することで、逆に受遺者へ負担をかけることとなってしまいます。
遺贈を行う際は、必ず遺留分について問題ないか検討することをおすすめします。

専門家からのアドバイス:遺贈をスムーズに進めるために

行政書士が提供するサポート内容

当事務所では、遺贈に関する法的アドバイスや遺言書作成支援、遺言執行手続きのサポートを提供しています。行政書士が、あなたのニーズや状況に応じた最適なサポートを行い、遺贈手続きをスムーズに進めるお手伝いをいたします。

相談前に準備しておくべきポイント

遺贈の相談を行う前に、遺言者の意思や財産の詳細を整理しておくことが重要です。特定の財産や遺贈の意図を明確にすることで、相談がスムーズに進みます。また、受遺者となる人物や団体についての情報もまとめておくとよいでしょう。

千葉市にある当事務所では、遺言書の作成から相続手続きまで、終活全般の包括的なサポートを提供しています。
お困りの際は、まずはお気軽にご相談ください。

初回のご相談・お見積りは無料です

\ お悩みの際はまずご連絡ください /

\ お気軽にご相談ください /

\ LINEからもお問い合わせ可能です /

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアしてください
  • URLをコピーしました!
目次